« よく噛んで食べないと | トップページ | ピアノ部 »

2013年4月22日 (月)

ユートピア

いやー!昨晩の「あなたのお墨付きstrong8%」(チューハイ)は

かなり効きましたね。。。

あんなに楽しかった晩酌が朝を迎えた途端、

「もー飲まないっ涙(大後悔)」に変わるなんて。。。

さて、話は飛びますが。

部屋の中で行方不明になっていた中谷美紀さんの

「インド旅行記2」(下巻)がこの間ようやく見つかって

最近は朝の移動のお供となってます。

最初は美紀さんの真面目でお堅い人柄が全面に感じられる

文体になかなか読み進むことができなかった今作品でしたが、

後半になるにつれ段々インドに染まってく美紀ちゃん。

(最後にはそう心の中で呼んでしまうくらい大好きになった。笑)

その旅の続きが気になって気になって仕方なくて。。

やっと見つかって本当に嬉しかった(涙)

その旅行記の中で、本日引っ掛かったキーワード。

南インドにある「オーロヴィル」という場所。

美紀ちゃんも言っていたけど、簡単に一言で言ってしまえば

「ユートピア」

かな?

ある場所で決まった規則の中で、みんながみんなを

思いやって暮らしていくことを目的とする集まり。

ふと思い出したのは、もう何年も前に「世界遺産」という番組

(今もやってますよね)で放送されてた同じような目的を持った街のお話。

色々調べたけど、結局どこの場所だったのか、全くわからないのだけど、、

ある製造会社の設立者が、その従業員達の為に

その工場の周りに住まいや病院、学校、商店など、

とにかく生活に必要な全てのものをそのエリアの中に造って、

生活環境を整えていった場所があったそうで。

そこの従業員はいつまでも安心して暮らせる夢みたいな場所。

でもそこからはみ出すことがあれば、

たちまち保障のない生活に放り出されてしまう。

恵まれている一方で、実は自由のない世界。

設立者も本当にみんなのためにその世界を造りだしたのだろうけど

実は歪んだ考えの基に成り立っていたものなのかもしれない。

やがて会社の経営は悪化し、廃業に追い込まれ

従業員たちもそこから生活の場を追われることになり。。

結果、そのユートピアだった街も廃墟となってしまったそう。

オーロヴィルのことは初めて知ったし、何の知識もないから

全く別の思想の基に、そこに集う人の生活が

営まれてるのかもしれないんだけど

きっと心のどこかで無理している部分も生まれるだろうし

すごく難しいことなのではないかな?と思いました。

そこで生活をすることを選んだ方は、きっとそういう気持ちも

超えて、そこに住む人たちと助け合って生きていきたい。

って思っているのかな。はぁ。。素晴らしい。

私はそりゃもう欲深さ満載の人生なので、今日も後悔したお酒に

お世話になりながら、色んな事を思う夜を過ごしております。

今の私のユートピアは、ごはんの上にのっけて食べる

ひじきの煮物とそれを流し込むアルコールです。(恥)

エンドレス ライス。。。

ユートピア

|

« よく噛んで食べないと | トップページ | ピアノ部 »

日々のつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120008/51336493

この記事へのトラックバック一覧です: ユートピア:

« よく噛んで食べないと | トップページ | ピアノ部 »