« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013年4月29日 (月)

くまごころレコ発第2段 無事終了!!

Thumb of us  

4/28(日)、GW始まって2日目。

国分寺gieeで行われた、くまごころさんレコ発第2弾

「The Bear Cafe vol.5」 無事終了しました!!

今回は友達やお知り合いの方、久しぶりにお会いできた

お客さまなどなど、懐かしい方がたくさんいらっしゃって

終始とてもアットホームな雰囲気で楽しかったです。

トップバッターの『mi-ma』さん、本当に可愛らしい!

でも優しい歌声の中に、しっかりとした芯を持っていて

あの場にいたみなさんを温かい気持ちにさせて下さいました。

2番手は私たち『Thumb of us』

女の心の叫びとともに、男の内に秘めた想いを乗せたギター。

みなさまに届いていると良いのですが!笑

3番手『みつを&the shoes』さん、南の島の海辺にいるような

心地良い音楽で、これまたみなさんを癒して下さってました~♪

そしてオオトリのA1さん率いる『くまごころ』さん。

A1さんの渋い歌声に乗せて、ギター・ベース・ドラム・コーラスが

絡み合って、めちゃくちゃ盛り上がりましたねー!

A1さんのMCも炸裂してました(笑)

ロックって改めていいなー!って思いました。

本当に楽しいイベントに誘って下さってありがとうございました!

またいつかご一緒できたらいいな^^

Thumb of us  
(『くまごころ』のみなさん)

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

*「藤元りょうこ」HP

http://ip.tosp.co.jp/i.asp?I=ryoko_fujimoto

*「Thumb of us」ブログ

http://ameblo.jp/thumb-of-us/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月27日 (土)

明日は国分寺上陸!!

いよいよGWが始まりましたね!

今週はずっと休肝日がなかったので

疲れもピークに達していて、昨日の夜は

気絶するように眠ってました(笑)

GWに突入して、ニュースとか見ていると

お決まりの「海外組の出国ラッシュがピークを迎えています!」

なんて映像が流れるけど、ラジオとか聴こえてくるのは

「お家でのんびりします♪」

なんて声が多かった感じがしました。

お家で持ち寄りパーティとかもいいですよね。

だいぶあったかくなってきたし、ピクニックも実現させたいな~

屋外でワインとサンドイッチで乾杯☆

・・・・・

なんて憧れるわ―!

さて、明日は国分寺でライブをします^^

渋声ボーカル&ギタリスト「A1」さん率いる

「くまごごろ」さんにお誘い頂きました。

明日はくまごころさんCD発売記念ライブ・第2弾のようです。

GWまっただ中ではありますが、お時間ありましたら

ぜひ遊びにいらして下さいね!

*****

4/28(日)

国分寺 giee

「The Bear Cafe Vol.5」

~ くまごころレコ発記念第2弾 ~

出演 : mi-ma/Thumb of us/みつを&the shoes/くまごころ

(出演順です。Thumb of us は19:40頃の出演です。)

※今回のライブはお店の事情もあり、オンタイムで進行していくとのことです。

いま一度、出演時間のご確認をお願いいたします!

時間 : Open 18:30 / Start 19:00

Charge : \1,500 + 1Drink

国分寺 giee

http://giee.jp/

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

*「藤元りょうこ」HP

http://ip.tosp.co.jp/i.asp?I=ryoko_fujimoto

*「Thumb of us」ブログ

http://ameblo.jp/thumb-of-us/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月24日 (水)

最近むだに。。

最近むだに。。
最近むだに慌てることが多くなりました。

いくつかのことを同時にやらないと

気がすまなくなって( ´_ゝ`)

そのせいか、大事なものをどこかに置き忘れたり

ものの数秒でなくしちゃうことがふえました。

最近の口癖は「あわてるな〜落ち着け〜!」

です(笑)

やっと色んなことが落ち着いてきたから、

GW はゆっくりした時間をすごしたいなぁ〜

雑誌「暮らしので手帖」みたいなゆっくりした時間。

早くこいこいGW\(^-^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月23日 (火)

ピアノ部

ピアノ部
今夜はとあるピアノ好きによるメンバーで結成されたピアノの部活でした。

その名も「ピアノ部」

ひねりなし!

メンバーの1人がとてもいい練習場をみつけてくれました。

そこは以前働いていた会社(岩本町)の裏にあったようで、懐かしさ満載!

なんだか縁のある場所だったのかもしれないなぁ。

何か素敵な曲を弾けるようになりたいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月22日 (月)

ユートピア

いやー!昨晩の「あなたのお墨付きstrong8%」(チューハイ)は

かなり効きましたね。。。

あんなに楽しかった晩酌が朝を迎えた途端、

「もー飲まないっ涙(大後悔)」に変わるなんて。。。

さて、話は飛びますが。

部屋の中で行方不明になっていた中谷美紀さんの

「インド旅行記2」(下巻)がこの間ようやく見つかって

最近は朝の移動のお供となってます。

最初は美紀さんの真面目でお堅い人柄が全面に感じられる

文体になかなか読み進むことができなかった今作品でしたが、

後半になるにつれ段々インドに染まってく美紀ちゃん。

(最後にはそう心の中で呼んでしまうくらい大好きになった。笑)

その旅の続きが気になって気になって仕方なくて。。

やっと見つかって本当に嬉しかった(涙)

その旅行記の中で、本日引っ掛かったキーワード。

南インドにある「オーロヴィル」という場所。

美紀ちゃんも言っていたけど、簡単に一言で言ってしまえば

「ユートピア」

かな?

ある場所で決まった規則の中で、みんながみんなを

思いやって暮らしていくことを目的とする集まり。

ふと思い出したのは、もう何年も前に「世界遺産」という番組

(今もやってますよね)で放送されてた同じような目的を持った街のお話。

色々調べたけど、結局どこの場所だったのか、全くわからないのだけど、、

ある製造会社の設立者が、その従業員達の為に

その工場の周りに住まいや病院、学校、商店など、

とにかく生活に必要な全てのものをそのエリアの中に造って、

生活環境を整えていった場所があったそうで。

そこの従業員はいつまでも安心して暮らせる夢みたいな場所。

でもそこからはみ出すことがあれば、

たちまち保障のない生活に放り出されてしまう。

恵まれている一方で、実は自由のない世界。

設立者も本当にみんなのためにその世界を造りだしたのだろうけど

実は歪んだ考えの基に成り立っていたものなのかもしれない。

やがて会社の経営は悪化し、廃業に追い込まれ

従業員たちもそこから生活の場を追われることになり。。

結果、そのユートピアだった街も廃墟となってしまったそう。

オーロヴィルのことは初めて知ったし、何の知識もないから

全く別の思想の基に、そこに集う人の生活が

営まれてるのかもしれないんだけど

きっと心のどこかで無理している部分も生まれるだろうし

すごく難しいことなのではないかな?と思いました。

そこで生活をすることを選んだ方は、きっとそういう気持ちも

超えて、そこに住む人たちと助け合って生きていきたい。

って思っているのかな。はぁ。。素晴らしい。

私はそりゃもう欲深さ満載の人生なので、今日も後悔したお酒に

お世話になりながら、色んな事を思う夜を過ごしております。

今の私のユートピアは、ごはんの上にのっけて食べる

ひじきの煮物とそれを流し込むアルコールです。(恥)

エンドレス ライス。。。

ユートピア

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月21日 (日)

よく噛んで食べないと

よく噛んで食べないと
なんて、お酒に合うつまみなのだ!

明日が仕事なんて嘘でしょ!

でもよく噛んで食べないと、胃が痛くなるから要注意だよ。

今日のThumb of usリハに間に合わせたかった曲の

歌詞がなかなか生み出せんかった。

悔しいけど、自分の中で最大限努力はした。

これからは日々歌詞を書く訓練をしていこう。

また今からがんばればいい。

それでいいかな(^o^)

とりあえず自分に西友presents/みなさまのお墨付きstrong8%を注入!

酔っぱらいウザし!

おやすみなさいzzz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月20日 (土)

岡本太郎さんにお会いしてきました

昨日はたまたま平日がお休みでして。

どうせなら休日には人がわんさか溢れるであろう場所へ行こうかな。

と、選んだ場所は「岡本太郎記念館」

川崎かと思いきや、青山にもゆかりの地があったとは知らなかったなぁ。

色々調べてみると、この間ラジオで小耳に挟んだ展示会が

この記念館で開催されていると言うではないですか。

そして毎日通る井の頭線・渋谷駅付近に大きく掲げられている

「明日の神話」もこの展示に深く関わっていると知り、、、

渋谷から歩いて岡本太郎記念館まで行くことにしました。

*****

渋谷駅にある岡本太郎の作品「明日の神話」。

毎日通っている場所なのに、この作品について

何も知らなかったことになんだか驚きました。。。

メキシコで行方不明になっていた絵が見つかって

ここに飾られることになったそうですね。

そして東日本大震災の後、この作品の右下に

何者かがいたずら?メッセージ?を込め、

福島で爆発を起こした原発の絵を付け足したらしいのです。

その「何者か」が今回展示会を開いている、アーティスト集団「Chim↑Pom」

悪質ないたずら、という意見もあったようですが

作品を傷付けることなく表現をしたのだから

問題ないんじゃないの?と私は思いました。

大事なのはその先の部分だし、何か世間に問いかける

きっかけになったことは間違いありません。

Photo_11

(明日の神話)

さて、渋谷駅から宮益坂を歩いて、次に目指すは「こどもの城」。

この広場にも岡本太郎の作品(こどもの樹)があったんですね。

何度か行ったことがある場所なのに、何も目に入ってませんね(苦笑)

この作品にまつわるエピソードを読んで、

「太郎さんってなんて人間らしくてあったかい人なんだろう」って

またもや初めて知るのでした。

http://www.1101.com/taro/kotodama/2003-10-24.html

こどもの城はあと数年で閉館することが決まったようです。

この風景ももう見れなくなってしまうんですね。


Photo_4

(こどもの樹)

しばらく青山の住宅外を歩いていくと、ネットで調べて

よく目にしたあの壁をみつけました。

これは太郎氏の作品のオマージュ。

Photo_7

建物の中に入ると右手の部屋にはこんな空間が広がってます。

Photo_8

そして下の写真が「明日の神話」に付け足された

Chim↑Pomによる作品「LEVEL 7 feat.『明日の神話』」

太郎氏のアトリエに飾られています。

7

誰かも書いていたことなのだけど、岡本太郎の作品の

パワーが強すぎる。まさにその通り。

作品のひとつひとつが、ひっそりと強烈なパワーを醸し出してました。

じっくりと見たあとロビーに戻ると、なんと!

入場料を払わずに勝手に観覧していたことに気付き・・・(汗)

受付の女性へ「私お金払うのを忘れていました。。」とお詫びすると

何事もなかったかのように「600円になります。」と言われ。。

内心(なんてゆるゆるなんだ~笑)とおかしくなってきました。

次は2Fにある展示へ。

さっきとは打って変わって、暗いスペースにChim↑Pomの

作品が数点展示されています。

実際に見て感じるのが一番いいと思うので、写真は載せません。

印象的には、1Fのフロアが「光」で、2Fは「影」や「闇」を

表現しているのかな、という感じがしました。

私も曲を作る時よく設定するテーマです。

結局、物事突き詰めていくと必ずそこに行きついてしまうし

生きてる以上永遠のテーマだと思ってます。

その明らかなテーマを表には出さずに、うまく伝えられるようになるには

どうしたらいいか。っていうことはずっと意識しながら曲を作っています。

アートの世界ははっきり言ってド素人だし、

これがいいとか、あれはダメだとかよくわからないんですが

「闇だから真っ暗なスペース」じゃなく、もっと違う形でテーマを

感じられたらもっと深みが出るのかな、と思いました。

いやしかし、音楽は伝えたいことを歌詞が大部分説明してくれるけど、

アートは作品から何かを感じ取る必要があるから、

受け手の技量が問われる分野だと思いました。

*****

このあと、先へ進むと展示会のクライマックスに突入するのですが

暗闇に浮かび上がる、太郎氏の作品「殺すな」

これに胸をガッと掴まれました。

みんなが願う、争いがなくなる日は来るのだろうか。。

そのあと広い空間の先にひっそりと展示されている

岡本太郎氏の遺骨。

これは太郎氏の養女・岡本敏子さんが持っていたものだそうですね。

遺骨を使用したことには賛否両論あるみたいなのだけど、

私は悪いことだとは思わなかったです。

もちろん、きちんとした思いで展示しなければいけないとは思います。

この展示会に岡本太郎氏が必要不可欠ならば、その人の生きた証である

遺骨は一番説得力があると思います。

本当は限られた人しか見ることのできない、そんな特別なものを

見させていただく訳ですから、見る側にも「生と死」というものを

改めて考えなければいけない責任が生まれると思います。

運良く、展示スペースには私以外誰もいなくて、

太郎さんと二人きりの特別な時間を過ごさせて頂きました。

*****

Photo_10
(吹き抜けに飾られていた岡本太郎氏の写真)

*****

全部を見終わって思う素直な感想は、岡本太郎さんの

存在感と作品の持つパワーの強さを改めて感じました。

もうこの世にはいないのに。不思議です。

そして今回をきっかけに、Chim↑Pomというアーティスト集団の

活動を色々調べてみましたが、物議を醸している作品も多々あるようですね。

正直疑問に残る作品もありましたが、いくつもの問いかけを

見る側に投げかけてきてる感じがします。

いいか悪いかは別として、そういう何かを考えるきっかけが

生まれることは悪いことじゃないと思います。

今回の展示も7/28まで開催されてますので、

色んな問いかけを肌で感じてみて下さい。

『PVILION』

http://www.taro-okamoto.or.jp/n-exhibition.html

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

次回のライブはThumb of us での出演です。

4/28(日)

国分寺 giee

「The Bear Cafe Vol.5」

~ くまごころレコ発記念第2弾 ~

出演 : mi-ma/Thumb of us/みつを&the shoes/くまごころ

(出演順です。Thumb of us は19:40頃の出演です。)

時間 : Open 18:30 / Start 19:00

Charge : \1,500 + 1Drink

国分寺 giee

http://giee.jp/

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

*「藤元りょうこ」HP

http://ip.tosp.co.jp/i.asp?I=ryoko_fujimoto

*「Thumb of us」ブログ

http://ameblo.jp/thumb-of-us/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »