« 『インドであたしゃ考えた』5日目・バラナシ最終日編・その3 | トップページ | 『インドであたしゃ考えた』6日目・ニューデリー滞在編‏・その1 »

2011年11月 7日 (月)

『インドであたしゃ考えた』5日目・ニューデリー行き夜行列車編

お次は「5日目・ニューデリー行き夜行列車編」をお送りいたします!

日付は8/10(水)。インド5日目を満喫中!

バラナシからニューデリーへ夜行列車でレッツらゴー!

*****

無事に夜行列車に乗り込み、自分の座席を探す。

「あったあった!」

2回目の乗車ともなれば、座席探しも朝飯前だ。

今回は通路沿いに上下2段になっているタイプの2段目。窓は無し。

今のところ1段目のお客さんがいないようなので

バックパックは自分の座席にワイヤーロックでくくりつけ

1段目の座席に座って窓を眺めながら過ごすことにした。

Photo

(ここがそのお席。そしていつも片手に、ミネラルウォーター。)

通路を挟んだ隣の席に座ったインド人を

チラッと見ると、物静かな男性の親子3人組。

目が合ってもあまり話したそうな雰囲気が感じられなかったから、

私からも話しかけることはしなかった。

(行きの電車は楽しかったな。。)

電車に乗り込む前に出会った、カー君達のおかげで

一瞬楽しくなった気持ちも、いつの間にかしぼんでしまっていた。

バラナシの街を出る時、険悪な別れ方をしてしまった

ラジュとの出来事でかなり滅入ってしまっていたようだ。

次から次へと起こった出来事に翻弄されて

かなり疲れ切ってしまった感もある。

インドに来て初めて、もう誰とも話したくない。と思った。

窓の外を眺めていると、電車はゆっくりと走り始め

バラナシの街並みはすぐに何もない田舎の風景に変わった。

Photo_3

ゴチャゴチャとした街並みが急に恋しくなる。

また私の頭の中は、3日前バラナシ行きの列車に

乗り込んだ時から今までの出来事で埋め尽くされていた。

そしてバラナシの街中に張り巡らされた

ネットワークの凄さが何度も何度も頭に浮かぶ。

食べ物屋・チャイ屋・雑貨屋・旅行手配業者・

お土産物屋・宿屋・マッサージ屋・オートリキシャ、、、

私が接してきた人々はほぼどこかのネットワークで

繋がっていて、みんなが持ちつ持たれつという関係で

街が成り立っているという印象を受けた。

逆にそのネットワークに入れない、もしくは入らないとしたら

なかなか生き残って行けないんじゃないか、って気がする。

日本や他の国にも同じようなものは存在していると思うけれど

そういう感覚に直に触れたことがなかったからか、

うまく言えないんだけれど、狐につままれたような感じがするのだ。

あの街のことを色々知れたつもりでいたのに

結局何も知れなかったんじゃないか、と。不思議な街だった。

そんなことを思いながら、窓からの景色を

ぼんやり見ていたら、あることを思いついた。

停車した駅の看板を写真に撮って、日本に帰ってから

自分の辿ったルートを再確認しよう。と。

行きの列車で出会ったプラディープやチョードリーに

ガイドブックに載っていた列車のルートを見せた時、

「今走っている列車はここには載っていないルートを走っているよ」

と教えてくれた事を思い出したのだ。

列車が駅で停車する度に看板をパシャパシャと写真におさめていった。

Photo_4

(駅の看板をパシャッ!)

写真におさめたルートをまとめると、、、

「Varanasi」→「Bhadohi」→「Suriawan」

→「Janghaj」→「Badshahpur」→「Pratapgarh」・・・

帰国後、ネットで確認してみたが、小さな駅は地図に

載っていなくて、いまいちよくわからなかった=3

小腹が空いたので、ラジュにあげるつもりだったソイジョイや

後生大事に持っていた、行きの機内で配られたピーナッツを

頬張りながら,しばらく車窓からの風景を写真や動画に撮ったり昼寝をしたり。

久しぶりに穏やかな時間を過ごしていた。

Photo_5

(向かいに停まった電車)

Photo_6

(途中停まった駅。緑が多くてなごむねぇ)

15時頃になり、本格的にお腹が減ってきたので、

車内販売のカレー弁当を購入。

Photo_7

値段は忘れてしまったが、お金を払ってカレーを受け取ると、、

「うわっ!」

付いていたスプーンはすでに使用した形跡が・・・。

さすがにこれを使うのはきついなーーと思い、インド式に

手で食べることも一瞬考えたが、ボロボロこぼしてしまいそうだったので

ウェットティッシュとティッシュできれいに拭き取って使った・・・(汗)

味は辛さがかなりあって、繊細とはいえないざっくばらんなお味。

でもなかなかうまいなぁ。と半分くらい食べ進めたその時、

「うわっっ!!」(2度目・・・)

ちょっとカレー弁当のイメージダウンに繋がるので割愛することにする。。

まぁ、ライスの中にいも虫みたいのが入ってたくらいで

ビビってるようじゃ (あ、バラしてしまった!)

インドなんて旅できないぜ!!(涙涙涙)

と心に言い聞かせながら、完食できなかったカレーをそっと葬った。

その後、インドに来てからずっと食べたかった

「サモサ」の車内販売をする高らかな声がこだまする。。。

「サモーサーサモーサー」

サモサを食べればよかったぜ!!!(涙)

・・・・・・・・・・・・・・

列車が走り始めて4時間くらい過ぎた頃、とある駅から

赤ちゃん連れのご夫婦が乗り込んできた。

私とは通路を挟んで向かいの座席がそのご夫婦の席。

親子3人で座るとすごく窮屈そうで、ママもずっと

赤ちゃんを抱っこしていないといけない感じだ。

相変わらず私の座っている窓際の席には、誰も乗り込んで

来なかったので、私は2段目にある自分の座席に移り

そのママに声を掛け、1段目の席を譲った。

ママは赤ちゃんを座席に寝かせることができるようになって

すごく喜んでくれたようだった。

(あぁ~、一日一膳。達成できました!)

ふと赤ちゃんを見ると、大きな目がクリクリしてて、

たまらんかわいさだったので、パー子のような強引さで

「Picture OK?」と久しぶりのカタコト英語で聞いてみた。

ママとパパは快くOKしてくれたよ~!

Photo_8

(赤ちゃんなのにブレスレットをしてて、おしゃれさん♪)

赤ちゃんはすっごく人なつっこくて、私に抱っこして~

と寄って来てくれて、持っていたデジカメが珍しかったのか

手でギュっと握って自分の方へ引き寄せると

「パクッ!」と、かじり始めた(笑)

思わずママも苦笑い。。。

誘拐したくなるほど可愛い赤ちゃんだったなぁ!

そして数時間ぶりの人との触れ合いにちょっと

泣きそうになるのであった。。。

でもやっぱり人と仲良くなる気力がまだまだ復活していなかったから

その後すぐ、2段目の自分の席に移って、薄暗い明かりの元

地球の歩き方をじっくりと読んだ。

インドに来てからこんな風にゆっくりガイドブックを

見るってこともなかったんじゃないかな。

とりあえずニューデリーに着いてからのプランを

どうするか考えてみることにした。

チョードリーには恐らく連絡がつかないだろうから

朝7時頃に駅に着いたらまず、「外国人専用鉄道予約オフィス」の

場所を確認しに行こう。ここはわかりにくい場所にあるみたいだけど

宿が一緒になった日本人の子に行き方を教えて

もらっていたから、なんとかなるだろう。

ここでアーグラー行きのバスか電車を予約、ダメだった時は

初日にお世話になった「ロニシゲタトラベル」に行って、

アーグラー行きの車を手配することもできるだろうし。

(宿をチェックアウトする時に、他の旅行者がロニさんと

アーグラー行きの交渉をしているのを小耳に挟んでいた。)

たしか4000ルピーとか超高い値段を提示していたけど

どうしても行きたくなったら有り金はたいて行けばいい。

あとはとりあえず宿を決めなくちゃなぁ。

バラナシで知り合った大学生くんが宿泊した宿を

教えてもらっていたので、まずはそこをあたってみよう。

と、色々考えを巡らせていると、車内の唯一の明かりだった

通路の電気がパチっと消えた。

まだ20時くらいだというのに、誰かが消してしまったみたい。

(なぬ~!?窓もないこの座席で明かりがなくなったらやることはひとつ。

寝るっきゃないだろーーバーローー!)

と心の中で悪態をついてはみたものの、

文句を言って電気をつけてもらうのもめんどくさいし、

もう寝てしまうことにした。。

あとは朝までひたすら寝ていたという、なんとも

もったいない過ごし方をしたのであった。

*****

次回『インドであたしゃ考えた』6日目・ニューデリー滞在編・その1に続きます!!

タージマハールを拝むことは出来るのか?!

*****

11月突入しましたね!

みなさま、いかがお過ごしですか??

私は先月忙しかった分、少し穏やかな日々を過ごしています。

今月はライブがない分、曲を作ったり、練習に時間を割いたり

一生縁がないと思っていた英語を毎日勉強したり。

インドに行ってもう3ケ月が経ちますが、

いまだにインドのことで頭が支配されていて

インドのことを考えない日は一度もありません。

今度はもっと英語を話せるようになって

必ずインドにもう一度行こうと考えています。

本当にちょっとしたことがきっかけで自分には縁がない

と思っていた事が身近になったりするから

何事も自分の肌で感じることが大事だなぁーー

と改めて思う今日この頃です。

もちろんその間、音楽も引き続きやって行きます^^

次回のライブは 

12/3(土)新高円寺STAXFRED  です♪

詳細が決まり次第、ホームページにUPしていきますね。

ぜひ遊びにいらしてください^^

*** 藤元 りょうこ HP ***
http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=ryoko_fujimoto

|

« 『インドであたしゃ考えた』5日目・バラナシ最終日編・その3 | トップページ | 『インドであたしゃ考えた』6日目・ニューデリー滞在編‏・その1 »

インド旅行記」カテゴリの記事

コメント

遂にバラナシを離れたりょうこ嬢!
旅も後半に差し掛かり彼女は何を見て感じたのだろうか?

こうご期待!!


…いつも楽しみにしてるよぉ~(笑)

投稿: のだはるみ | 2011年11月10日 (木) 19時59分

>のだはるちゃん
いつも読んでくれてありがとうよぉぉ(涙)

予想以上に長い旅行記になってしまったけど・・・

楽しみにしててくれる方が予想以上にたくさんいて嬉しいだす!!

これからどうなって行くのでしょうか、私は^^;

乞うご期待!!ください(笑)

投稿: 藤元りょうこ | 2011年11月12日 (土) 01時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120008/42948732

この記事へのトラックバック一覧です: 『インドであたしゃ考えた』5日目・ニューデリー行き夜行列車編:

« 『インドであたしゃ考えた』5日目・バラナシ最終日編・その3 | トップページ | 『インドであたしゃ考えた』6日目・ニューデリー滞在編‏・その1 »