« 『インドであたしゃ考えた』5日目・バラナシ最終日編・その1 | トップページ | 『インドであたしゃ考えた』5日目・バラナシ最終日編・その3 »

2011年10月22日 (土)

『インドであたしゃ考えた』5日目・バラナシ最終日編・その2

※PC不調の為、UPできなかった写真数枚UPしております!

お次は「5日目・バラナシ最終日編・その2」をお送りいたします!

日付は8/10(水)。インド5日目を満喫中!

バラナシ最終日を迎え、いざ土産物屋へ!!

*****

なんとかペテン師とオサラバできた私は、ラジュと一緒にお土産物屋へと向かう。

ただお土産を買うだけなのに、いままでの出来事を思い返すと

(高い物買わされたりしないかなぁ、、、 あのシルクの間

(勝手に名付けた)に通されたらどうしよう、、、) とか、

なんだか心はザワザワ、落ち着かなかった。

しかしそんな不安とは裏腹に、お店に着くといつも

日本人でいっぱいのくつろぎスペースにすんなりと通された。

(あれ?てっきりまたラジュとマンツーマンでお土産選びするのかと思ったよ)

なぜか今日はお店のオーナーさん(「深夜特急」の子役やった人)が

私について、色々とお土産を見せてくれた。

状況がよくわからないまま、まずはシルク選びから。

オーナーさんは、この間ラジュが教えてくれた

シルクの本物・偽物の見分け方を私に実演してくれた。

すぐ横にはラジュがいるけど、「それ、もう知ってます。」

とも言えないし、なんだかものすごい気まずいなぁ。。

と思いながら、オーナーさんの話を聞き流していた。

色々見せてもらった中で、穏やかで天然な私の母に似合いそうな

サーモンピンクのシルクのストールを一枚と、自分用に

ザ・インド!って感じの柄のインド綿の巻きスカートを一枚選んだ。

オーナーさんに「おまけして!」って頼むと少し値引きしてくれた。

無理やり色んな物を勧めてくる様子もなく、

不安に思っていたようなことは一切なかった。

オーナーさんはさっぱりした性格でトークも面白く、感じがよかったなぁ。

無事にお土産も購入して、ホッとしていたけど、ラジュの方を見ると

今まで見たことのない険しい表情をしていた。

もしかしたら、直接ラジュからお土産を買わなければ

彼の満足する結果が得られなかったのかな?

お世話になったお礼もあってこのお店でお土産を買ったんだけどな。。

なんだか虚しい気持ちになって、お土産屋を出ると

ラジュがまた私の後をついて来て、さっきの表情とはうって変わって

いつもの明るい顔に戻っていて、「朝ごはん食べる?」と聞いてきた。

もう何だかよく分からないけど、約束通りお土産も買ったし、

変に色々と思い悩むのはおしまいにしよう。

バラナシ初日に食べて感動した「ドーサ」を食べ納めに

この間とは別のお店に連れて行ってもらった。

このお店のドーサは刻んだトマト等が入っていた。

お店の目の前には、このエリアのゴミを置いておく場所があって、

ハエの量が半端なく、その近くで作られた、 しかも生のトマトが

入っている食べ物を口にするのは多少気が引けたけど、連れて来てもらったのに

食べないのも失礼なので、思いきってパクっと食べてみた。

「うまーい!!辛いけどうまいねー!」

Photo

(トマト入りドーサ。ソースは白いけど、カレー味♪

置き場所が行儀悪くて。。失礼しました=3)

バラナシの屋台の味は、かなりレベルが高いし、

インド人の作る料理は本当に繊細だと思う。

日本でドーサのお店を開いたらバカ売れしそうなのになぁ。

ラジュはお店の横に置いてある、水の入ったカメから手桶で

水をすくって、それに口をつけないように水を飲んでいた。

現地の人はそうやって水分を補給することもあるらしい。

なんだかラジュからはインドの暮らしを

断片的だけど、色々と教えてもらった気がする。

今朝も、しっかり磨いてきた私の歯を

「歯が汚いね~。ちゃんと磨いた?」って言ってきた。

どうやら日本人の歯は少し黄ばんで見えるらしい。

(Wikipediaで調べたら、日本人は歯の色素が白人なんかと比べて黄色いんだって。)

それに比べ、インド人はほとんどの人が眩しいくらい真っ白な歯をしている。

聞くと、インド人は1日に5回くらい歯を磨くんだそうだ。

歯ブラシも使うけど、歯ブラシがわりになる枝(先を噛み砕いて

ブラシのようにする)を、5回のうち2回位使って磨くんだって。

その枝で磨いている人を朝、街中で見かけたこともある。

たまに歯の隙間にヤニのあとがある人を見ると、勝手なイメージだけど

「この人はマメじゃないのかしら?」と思ってしまう。

さっき出会ったペテン師はマメじゃないと見た(笑)

さて、ドーサも美味しく頂き、ただいま時刻は10:30。

そろそろこの街からバラナシ駅に向かうことを考えなければ。

もうこれ以上ラジュにお世話になって、一喜一憂するのも嫌だったから、

駅までの移動手段は自分で手配したかったけど、初日に耳にした

インドのお祭りとやらが、今日も続いているのか、

それとも終わっているのかが、いまいちよくわからない。

道は通行止めになっている所もあるし、

お祭りの混雑に巻き込まれて電車に乗り遅れたら困る。

仕方がないけど、無難にラジュにオートリキシャを頼んでもらうことにした。

「切符持ってる?」と聞かれ、「部屋に置いてある」と言うと

「バラナシっていう名前の駅はふたつあるんだよ。

切符に書いてある駅の名前を見てから、出発の時間を決める」との事。

えぇ?! 駅がふたつあるなんて初耳なんですけど。。

あ、いいことを思いついた!バラナシに着いた時の写真を見せよう!

「この駅で降りたんだよ」と言うと、しばらく写真を見て

「うーん?」と考えこんでいたけど、「たぶん○○の駅だ」と判断できた様子。

とりあえず、一旦宿に戻ることにした。

そして切符をもう一度確認してもらうと、やっぱり

さっき言っていた駅で間違いないようだ。電車の出発時間は13:45。

12時にお土産物屋で待ち合わせすることになった。

ラジュと別れ、ロビーにいた「そうなんだ氏」を見つけると

私はどうしようか悩んでいたいたことを聞いてみた。

『ニューデリーに着いた後、アーグラーに行ける電車かバスはある??』と。

アーグラーとはタージマハールのある都市。

私は一度は決めたニューデリーに着いた後のプランを

この期に及んでまた迷い始めていたのだ。(決断力なさすぎ。。)

タージマハールに連れていってくれると言ってた、夜行列車で出会ったチョードリーに

ニューデリーに着いたら連絡を取ろう。という気持ちに変わりはなかった。

けれど、(もしかしたらインドには二度と来れないかもしれない。

そしたら、タージマハルに行けなかったことを悔やむのは嫌だー!)

と、チョードリーに会えるか会えないかは別として、切符の手配だけは

しておこうかな。。。というよこしまな考えが浮かんだのだった。

そうなんだ氏がネットで空き状況を調べてくれて

『電車は満席だけど、バスなら空きがあるよ』と教えてくれた。

『ありがとう!ちょっと考えてみる』と言って、一度部屋に戻った。

少ない脳みそで頭をフル回転。。。。

夜行列車がニューデリーに着くのが明日のAM6:28。

AM7時に出るバスがあるらしいけど、時間通りに電車が着くことは

まずないだろうから、次の便のAM10時くらいに出発する

アーグラー行きのバスに乗れば、14:00過ぎにはタージマハルに着ける。

2時間滞在したとして、復路のバスは16時頃出発だから、20時頃には

ニューデリーに着けるけど、そんな遅い時間から宿探しをするのは怖い・・・

じゃあアーグラーで1泊する? 

いやいや、次の日4時間かけてニューデリーに戻って、その日の

PM12:45発の飛行機(帰国するため)に乗るのはかなり危険でしょ?!

じゃあ、たった2時間滞在するために日帰りでアーグラーに行くか?

うーん、、、もう2度とインドには来れないかもしれないし、

やっぱりタージマハルを見に行くべきなんじゃ?!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

結局振り出しに戻っとるやんけ!!

「よしっ。アーグラーに日帰りで行こう!!」

そう決意し、荷物をまとめ、小学校の移動教室で習った「発つ鳥後を濁さず。」

という先生の教えに従い、部屋をきれいに整理整頓。

3日間お世話になった部屋を後にしたのだった。

Photo_2

(『発つ鳥後を濁さず』の前の部屋の様子)

Photo_3

(部屋の中からのガンガーの眺め。哀愁漂っているでしょ??)

******

次回、『インドであたしゃ考えた』5日目・バラナシ最終日編・その3 へ続きます!!

*****

遅ればせながら、10/18(火)の「四谷天窓.comfort」ライブに

足を運んで下さった皆さま、ありがとうございました!!

アンケートにご協力下さった方、CDをお持ち帰り頂いた方

とても嬉しかったです。ありがとうございました!!

こちらのライブハウスさんでは何度かお昼に歌わせて頂いていましたが

夜の部は初めてだったので、ムーディな雰囲気に呑まれかけました(笑)

が、楽しく演奏させて頂きました^^

懐かしい方が遊びに来て下さったり、驚きの出会いがあったり

帰りの電車で頂いたアンケートを読んでいたらびっくり!な出来事があったり。。

音楽を続けていてよかったなぁ。

自分らしくこれからも歌っていけばいいんだなぁ。

と思えた夜でした。まだまだ旅はつづくのです!!

*****

次回のライブはボーカル&ギターユニット『thumb of us』のデビュー戦!!

『渋谷guest』で、19:30からの出演です。

カバー曲・藤元りょうこのオリジナル曲を、ガットギターの音色に乗せて歌います。

お時間のある方は是非、遊びにいらして下さいね^^

詳しくは下記ホームページをご覧ください。

その他の詳細はホームページからご覧頂けます!

*** 藤元りょうこ HP ***

http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=ryoko_fujimoto

|

« 『インドであたしゃ考えた』5日目・バラナシ最終日編・その1 | トップページ | 『インドであたしゃ考えた』5日目・バラナシ最終日編・その3 »

インド旅行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120008/42628393

この記事へのトラックバック一覧です: 『インドであたしゃ考えた』5日目・バラナシ最終日編・その2:

« 『インドであたしゃ考えた』5日目・バラナシ最終日編・その1 | トップページ | 『インドであたしゃ考えた』5日目・バラナシ最終日編・その3 »