« 『インドであたしゃ考えた』下準備編・その1 | トップページ | 『インドであたしゃ考えた』1日目・出国&乗り継ぎ編 »

2011年8月22日 (月)

『インドであたしゃ考えた』下準備編・その2

『インドであたしゃ考えた』下準備編・その2
『インドであたしゃ考えた』下準備編・その2
『インドであたしゃ考えた』下準備編・その2
さて、つづいて下準備編・その2!

用意していった持ち物について書いてみよう。

今回がバックパッカーデビューの為、

まずはバックパックを買わなければ。

吉祥寺・コピスに入っている「石井スポーツ」に行く。

条件としては「容量30リットルくらいのもの」、

「背中とリュックの間に隙間があって、蒸れを防ぐもの」、

「レインカバーが内臓されてるもの」

「できればかわいいデザインでショッキングピンク色」。

ここの売り場の方は、やはりその道のプロ。

かなりテキパキと私の欲しいタイプに

合ったものを、薦めてくれた。

結局、「容量40リットル(1週間位の荷物が入る)、

背中に隙間がある、レインカバーが付いてる」

という条件にプラス、自分の身長に合ったもの

(疲れない為にもこれは一番大切な条件みたい)を

満たす紫色のリュックに決定!

(写真の赤い部分がレインカバー。

それをしまうポケットも付いている)

ちなみに本当は欲しかった色が買えなかったのは

目立つ色のリュックの方が、盗人が盗みづらく

盗まれたとしても、犯人を見つけやすいかなぁ、

と思ってたんだけど、店員さんに

「防犯の為に9割以上の方が地味な色を選ばれますけどね」

ってばっさり言われてしまったから(苦笑)

まぁ、たしかにそうだよね。

この時初めて知ったのだが、バックパックって

登山用のリュックのことを言うみたいだね。

登山する人は女性でも70リットル級を背負うらしい。

(40リットルを背負うのもかなりキツいから、

それで山を登るなんて、尊敬、、!)

そして今回かなりイケていた購入品のひとつ、

「クロックスのサンダル」

インドの宿はバスタブのないシャワーと

トイレが一緒になっているため、トイレに行く時、

足元がシャワーの水で水浸しになってしまう。

そこでビーチサンダルを持って行った方がいいらしいのだが

これなら街も歩ける上、濡れてもいい素材だから

ビーチサンダルを持って行く必要もない。

デザイン的にも、サンダルやスニーカーでは

入りにくい店にも入りやすいだろうし。

サンダルにしてはちょっとお高い?

\4,000位したけど、腰が悪い私でもいくら歩いても

全然疲れなかったし、汚れたら洗ってすぐ履けるし

これは買って大正解だった!!

あともうひとつ大正解購入品は無印良品の

撥水加工されてる7分丈パンツ。\2,000位。

8月はインドは雨季なので、雨を弾いてくれて

あまり汚れもしなくて、すごく助かった!

さて、その他の荷物について。

飛行機に乗る時、機内にバックパックを持ち込むことにした。

荷物を預けると、たまに他の飛行機に乗せられて、

目的地で受けとれない場合があって、

荷物を受け取るまでは、その都市から動けないらしいのだ。

短期間の旅行でそんなの困る!しかもひとりだし。

というわけで、刃物(カミソリや眉切りバサミもNG)や

液体の持ち込みが制限される。

厄介なのが液体もの。持ち込める条件は

「ひとつの液体につき、100ml以下の容器に入れ、

かつそれらを約20cm四方のファスナーが付いた

透明な入れ物に入れる。」というもの。

シャンプー・リンス・ボディシャンプー・化粧水・

乳液・日焼け止め・虫よけ・かゆみ止め・

ヘアワックス・歯みがき粉。

ここまでで袋はパンパン。化粧落としは

シートタイプ(液体扱いにならない)にして

洗顔フォーム・マスカラ(汗で溶けるから

必要ないけどね)は諦めた。

※コンタクト用水、目薬は別の透明袋に入れておくと

医薬品扱いにしてくれたみたいで、

出国審査がスムーズだった。)

今回、泊まったような安い宿には、バスタオルをはじめ

アメニティグッズは一切ついていないので、

それを考慮した荷造りが必要だった。

その他、用意したものは。。。

◇鍵類
防犯用のワイヤー式鍵(2つ
→ホテル・夜行列車でくくりつけておくため。

南京錠(3つ)
→バックパックのファスナーに付ける用と、宿のドア用。

インドの宿は外出する際、宿で渡される南京錠を

ドアの外側からかけるタイプが多いので、

自分で用意した鍵も一緒にかけておくと

合鍵で中に入られることもなく、安心。

インドでも鍵はたくさん売ってたけど、日本から

いくつか持って行くと安心。

◇目覚まし時計

◇ティッシュ類

トイレットペーパー・水に溶けるポケットティッシュ
→トイレ用など。ティッシュは結構貴重。

ウェットティッシュ
→食事前などに使って、腹痛防止。

汗ふきシート
→夜行列車で活躍。でもあまり必要ないかも

◇虫よけグッズ
蚊取り線香
→蚊には一度も刺されなかったので、使わなかった。
蚊の発生は時期・宿の立地によるのかも?

虫よけ
→シートも持って行ったけど、塗るタイプがひとつあれば十分だった。

◇食品
ポカリの粉。塩味の飴。
→あまり暑くなかったから必要なかった。

おなかを壊した時の水分補給用に、ポカリは持っておくと安心かも。

カロリーメイト
→電車の中で食べたけど、食品は現地調達でいいかも。

◇折り畳み傘・かっぱ
雨季で頻繁に雨が降ったので、大活躍

◇パジャマ
下は丈がくるぶしまであるもの。ベッドのダニ防止対策

◇大きめのストール
寒さ対策やダニ対策でベッドに敷くetc

◇洗濯グッズ
着替えは少なめに持って行って、洗濯して着回し。

ロープ・洗濯バサミ・粉洗剤・ハンガー2本など。

◇S字フック
フックがない場所で大活躍

◇ビニール袋

→洗濯物を入れたり、ゴミ袋にしたり、たくさんあると便利。

輪ゴム・テープ
→帰りの荷造りの時重宝した。

◇懐中電灯
インド経験者の友達が「インドはよく停電するから」

とプレゼントしてくれた。大活躍だったよ☆ありがとう!

◇現地用電源プラグ
宿や夜行列車のコンセントは「B3」という

丸い差し込み棒が三本あるタイプだった。

ヨドバシカメラで購入。

◇薬、マスク
薬は頭痛薬しか使わなかったけど、腹痛になった時の為に

整腸剤や抗生物質を病院で処方してもらったものを持って行った。

マスクは乾燥し過ぎな飛行機内や

ほこりっぽい街を走る、オートリクシャに乗る時に大活躍。


〈サブバックに入れるもの〉
パスポート。デジカメ。携帯。

財布
→防犯のため、いつもの財布とは別に

現地でメインに使う、使い込んだ財布を用意した。

多額の所持金を見られると危険なので、

最低限使う分のお金を入れておく。

万が一の時の為、お金はバックパックなど、

数ヶ所に分けて入れておく。

メモ帳とペン。
→価格交渉の時使ったり、何かと便利。

電子手帳
→英語しか話せない人と会話する時、すごく助かった。

◆持っていけば良かった物

携帯用の電池式充電器。
→コンセントに差して、充電器には電気が通っていたはずなのに、

なぜか充電が全くできなかった。

携帯で家族と連絡を取り合っていたため、かなり困った。


*****

いやはや、長々と書き連ねてしまった。。

荷物は人それぞれ、必要なものが変わってくるし、あくまでも参考までに。。

でも防犯用の鍵はたくさん持って行って

良かった!と思った代物でしたよ。

次回はいよいよ!(ていうかやっと?)

インドへ出発!!の巻。です!

*** 藤元りょうこ HP ***
http://ip.tosp.co.jp/i.asp?I=ryoko_fujimoto

|

« 『インドであたしゃ考えた』下準備編・その1 | トップページ | 『インドであたしゃ考えた』1日目・出国&乗り継ぎ編 »

インド旅行記」カテゴリの記事

コメント

石井スポーツいいよね!
今まで御茶ノ水まで行ってたけど、
吉祥寺にもできたし、他にもアウトドアなお店あるよね!
でも私完全なるインドア(笑)


持ち物詳しく書いてくれてありがとう!
旅先がインドじゃなくても参考になるね!
鍵とかS字フックとか思いつかないよー!
バックパッカーじゃない旅行とかなら、必要ないのかもしれないけど。
懐中電灯はどこでも必要だなぁ。

マスクは必要だね!
イモトもマスクよくしてるなぁ。
(イッテQ情報)

投稿: sai | 2011年8月31日 (水) 12時54分

>saiちゃん
私も知恵袋みるまではS字フックが
便利だなんて思いつきもしなかったよ!

ホント、マスクは大活躍だったよ!
普段はあまり使わないけど、飛行機の乾燥が激しすぎて、、

行きはマスクしなかったから、それで
喉より鼻が荒れちゃって大変だった(><)

投稿: 藤元りょうこ | 2011年9月 1日 (木) 21時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120008/41319618

この記事へのトラックバック一覧です: 『インドであたしゃ考えた』下準備編・その2:

« 『インドであたしゃ考えた』下準備編・その1 | トップページ | 『インドであたしゃ考えた』1日目・出国&乗り継ぎ編 »