« 『インドであたしゃ考えた』1日目・出国&乗り継ぎ編 | トップページ | 『インドであたしゃ考えた』2日目・バラナシ行き夜行列車編・その1 »

2011年8月28日 (日)

『インドであたしゃ考えた』1日目・インド入国編

今回はやっとこさ、インド入国編です!

飛行機を降りて空港の中に入る。

「めっちゃ広くてきれい!!」

最近、大々的な改装工事をしたみたい。

インドの空港なんかはあまり写真を撮らない方が

いいみたいだけど、一枚くらい、、と、パチリ。

P8070024

そしたらすぐに係員に「写真は撮らないで」って怒られた。

やっぱりセキュリティが厳しいんだなぁ。無駄な摩擦は今後避けよう。

とりあえずここから戦いが始まる。(気合い入れすぎ?)

まずはトイレを済ませて、出国手続きのカウンターを目指す。

クアラルンプールの空港と同様、まずは免税店のエリアが現れたので、

そこを抜けた辺りにカウンターがあるはず。

ところが免税店とカウンターの雰囲気が似すぎてて

「本当にここから出られるの?」って、若干迷う。

下手にパスポート出して、没収されてもやだし。。

(インドはあらゆる場所で騙されポイントがあるため、かなり用心していたのだ。)

あと、できれば早い段階でミネラルウォーターを2リットル位買っておきたい。

が、あるのはブランド品ばかり。

周りを見回してもやっぱり出国手続きはあのカウンターのようだ。

意を決してインテリな空港職員へ書類一式を渡す。

最初はちょっと厳しい目で帽子やメガネを外すように言われたけど、

あとは日本語で軽くジョークを飛ばされたり、

終始穏やかムードで無事、出国審査終了。

ついにインドに足を踏み入れた!!

まずは両替をしよう。

インドのお金はインドでしか両替ができない。

通貨は「ルピー」。現在は1ルピー「1.7円」位。

私はレートを事前に調べていかなかったので、クチコミなどに載っていた

「1ルピー=約2円」を信じて行動していた。(だいぶ差があったなぁ。汗)

空港にはいくつか両替する場所はあったけど、

日本人がたくさん並んでいる列に私も並ぶことにした。

空港はレートが悪い、ってどのクチコミにも書いてあったけど、

無一文も怖すぎるので、ここではとりあえず1万円を両替。

「5100ルピー」とレシートを受け取り、レシートの通りお金をもらえたかチェック。

インドでは空港の両替所でもぼったくりがあったりするらしい。

破れたりしているお札は買い物などの際、受け取ってもらえないことがあるので、

もし発見したら、すぐに両替してもらった人に代えてもらうように言おう。

その場を離れてしまってから言っても取り合ってくれないので、そこも注意が必要。

でも、もたもたしてたら、係員に「早くレシートにサインしろ」って急かされた。。。

そんな冷たいこと言うなよ~。

あとあとレシートを見たところ、「Thomas Cook」という両替所だった。

「1ルピー=1.7円」で計算すると、手数料やらなんやらで

「780ルピー」くらい取られてるんだね。

これはデリーの安宿に1泊できるお金より高いから、かなり損だったのかも。

でも初めてのことだから、仕方がない!

とりあえず、レシートに記載されているお金はもらえたみたいなので

お次は水を調達しに行く。

小銭には両替してもらえなかったので、お札を崩すため

まだ開いていていたコーヒーショップへ行く。

1リットル入りの水を2本、インドで初お買い物。

ここでもぼられているんじゃないだろうか、、、

キャップは空いてないだろうか、、、(たまに空いてるのが売っていて、

飲んでお腹壊したっていう話が結構ある。)

と不安になり、本体&おつりを確認しまくる。

今思うと相当めんどくさいお客だ(苦笑)

そしていよいよ空港から外へ出る時が来た。

うわさ通り、客引きがわんさかいた。

けれど、送迎をお願いしていたロニシゲタトラベルのロニさん

(詳しくは※『インドであたしゃ考えた』下準備編その1をご覧下さい!)が

すぐ見つかって(ホームページにお顔が載っていたのですぐわかった)、一安心!

本当に日本語がペラペラで、とてもやさしい方だった。

私の他にあと1組送迎をお願いしていた方がまだ合流できていなかったらしく、

ロニさんに「この9人の団体を探してきてくれる?」って

リストを渡され、いきなりパシらされた(笑)

どうやら送迎する方や客引きは空港の中に入れないため、

旅行者の私なら中まで入って探せるから、とのこと。

リストを持って空港の中に入ろうとすると、ライフルを持った警官に

「一度出たら中には入れない」と言われた。本当にセキュリティが厳しい。

10分くらい待っていると、例の9人組と無事合流。

話を聞くと、明治大学の学生さんで、香港などを旅行しながらインド入りをしたらしい。

まさかこんな大人数と送迎が一緒になるとは思っていなかったので、かなり心強かった。。

同じホテルに泊まる予定だったみたいで、それも本当にラッキーだったな。

それにしても9人でインド旅行ってすごいよねぇ!

何台かの車に分かれてホテルへ向かう。

大学生達とずっと話していたから、インドの街並みの印象とかは

あまり覚えていないんだけど、とにかく薄暗くて、とても埃っぽい感じがした。

Photo

20~30分くらいして、お店が立ち並ぶ通りを車は進んでいく。

薄暗い街の中で夜遅くまで開いているお店で話し込む人がいたり、

よく見ると路上にたくさんの人が寝ている。

建物は古くてボロボロで、道も全く舗装されておらず、こんな所が首都だなんて。

「本当にヤバい所へ来てしまったものだな、、」って怖くなった。

日本語がしゃべれるロニさんと、日本人の大学生達と

一緒だったのが本当にラッキーだった。

本日の宿泊先「Ajay Guest House」に到着。

ここはロニシゲタトラベルさんが経営している宿らしい。

デリーの宿は大体みんな、入り口やロビーがボロボロで

日本のビジネスホテルを想像していると、あっさりその期待を裏切られる。

ここも例外ではなかった(笑)

大学生とロビーでお別れし、チェックインの手続き(パスポートのコピーをとったりする)を進める。

その時に宿の方に一応両替をもう1万円お願いした。

空港で両替はしたか?とか、レシート見せて。とか言われて、素直に応じてしまった。

そしたら空港と同じ「5100ルピー」を渡された。

手数料はかからないし、空港より安く両替できると言っていたのに、これでは意味がないじゃないか。

あとで「しまった!」と思ったんだけど、レシートは見せるべきじゃなかったし、

そもそもレートをきちんと調べないでインドに行ったのが間違いだったんだ。

でもここでは明日の列車のチケット手配もお願いしているし、

険悪なムードになることは避けたい。

結果ぼられたのかも知れないけど、安全料として、それはそれでよしとしよう!

まだ初日だしね。色々勉強やなぁ^^;

手続きを済ませ、部屋に移動。

部屋に行く途中もボロボロな廃墟のような部屋があって、かなりビビっていたけど

以前ネットで見た通り、こざっぱりとしたきれいな部屋でこれまた一安心。

でもロビーと同様に、日本のビジネスホテルを想像しない方がいいかもしれない。

シャワールームもきれいだったし、私は全然OKだったけど!

まぁ、インドの物価に比べたらかなり高い料金(日本円で2,000円)の

部屋だからきれいでなくては困るけど。。。

Photo_2

Photo_3

何はともあれ、無事にインドに入国できて、ホテルにも着けて本当に安心した。

日本にいる家族に連絡して(ドコモの人はショートメールが安くて便利だよ)、

シャワーを浴びて、歯磨きして(口をゆすぐ時は腹痛防止のため

ミネラルウォーターで!)、明日のために荷造り。

そう、明日はヒンドゥー教最大の聖地、「バラナシ」へ向かう夜行列車に乗り込むのだ。

その移動時間、な、なんと17時間40分!!

もしかしたら車内はインド人でぎゅうぎゅうで、

トイレにもなかなか行けない状況かもしれない、、、

寝る時も座ったままかもしれないし、、、とにかく不安だぁぁぁー!!

ま、でもそんなことも言ってられないので、車内で使う荷物を

出し入れしやすいように詰めたり、バックパックに鍵をかけたり。

なんだかんだで寝たのはAM2:00でした。

次回「2日目・バラナシ行き夜行列車編」に続きます!!

*** 藤元りょうこ HP ***

http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=ryoko_fujimoto

|

« 『インドであたしゃ考えた』1日目・出国&乗り継ぎ編 | トップページ | 『インドであたしゃ考えた』2日目・バラナシ行き夜行列車編・その1 »

インド旅行記」カテゴリの記事

コメント

読んでて不安になってきた(笑)
異国の空港、怖いよぉ。
フジモはすごいね!ほんとにすごいね!

お部屋~☆
良かった。日本のぼろっちい宿くらいか?^^;
シャワーの下のゴミ箱みたいのは・・・
おけ???

投稿: sai | 2011年9月 2日 (金) 12時21分

>saiちゃん
全然すごくないよ~!

そうだねぇ、そんなレベルのお宿だよん。

シャワールームには大概、バケツと桶が付いてて、
洗濯に使ったりシャワー浴びるのに使うみたい。

トイレにも同じ桶がついてて、それはお尻を洗う時に使うんだよ^^;

投稿: 藤元りょうこ | 2011年9月 3日 (土) 22時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120008/41397503

この記事へのトラックバック一覧です: 『インドであたしゃ考えた』1日目・インド入国編:

« 『インドであたしゃ考えた』1日目・出国&乗り継ぎ編 | トップページ | 『インドであたしゃ考えた』2日目・バラナシ行き夜行列車編・その1 »